私の買った健康器具の失敗談

もうかれこれ20年ぐらいそんなに遠い話でもないかな50歳代の頃ですが仕事で結構体を動かしており特別運動ってものはしておりませんでしたが健康にはそこそこ関心が有り何時かは健康器具のお世話になりたい

そんな中いろんな健康器具類がテレビで宣伝されていた中でボート漕ぎ正式な名称は忘れてしまいましたがこれが目に留まりましたこれだとテレビを見ながらでも運動が出来筋肉もりもりとまでは行かなくても健康には良いのではないかとしばらく思案をしてからインターネットで購入しました

購入価格は忘れましたがたぶん1万円台だったと思います物はすぐに到着しましたが現物は結構でかいですよね使わない時は部屋の隅に置けるとかなんとか説明が有ったと思いますがそれでも早速開梱をして指定場所のテレビの前に置きボートを漕ぎ始めましたが一日5分10分これが長い時間だとわかりました

毎日テレビを見ながらボートを漕ぐのですがそれはそれは長く感じる時間で感じるのは運動よりも退屈だけ結局は1週間も使ったのかなそんなもんで体の変化は全く骨折り損のくたびれ儲けだけだったあとは毎日テレビの前にデンと我が物顔しておりましたが邪魔で邪魔でしょうが有りませんでした

まぁどんないい器械や道具であっても続かなければただの大型ごみぶら下がり健康器もそんな部類と聞きましたし他の運動器具もだいたいそんな物のような話を聞きました高島 忠夫氏が言ってた言葉で継続は力なりっていう言葉を思い出しましたがまっことその通り

 

最後に分かったことは何事も一人と言うのはなかなか続かない物だと相当意思の強い人でなければ続かない事だけはよくわかった経験でしたそのボート漕ぎ器なる物はその後どうなったかと言うと近くの障碍者の通う学校に寄付をしてしまいましたそれからはもう運動器具は自分のような物には向かないと言う事で購入は一切しておりません今はウォーキングをしており只より安い物はない主義です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です